pblog

越川直人(Koshikawa Naoto)の雑記

日常を良くする

日常のあれやこれが面倒だったり嫌なのは一緒にいる人が原因ってのがよく理解できたここ十数年。付き合う人を思い切って変えてみると、劇的に改善する。やってることは同じなのにね。

日常って一緒にいる相手が大事だなーと本当に思う。

気軽に日本史を振り返る

『イラストでサクッと理解 流れが見えてくる日本史図鑑』が分かりやすくて良かった。

一番最初に、ざっくりとした現代までの流れがスゴロクで掲載されている。

また当時の人々の時間割が載っているのが、とっつきやすくて、興味深い内容だと思って手に取った。また歴史上の出来事の背景が図解で分かりやすいのも良い点。

本革クッションが良かった

f:id:naoto5959:20201123060013j:plain

カリモクのソファーによくあう。 値段の割に高級感もあって触り心地がよい。

満足度が高くて気に入っている。

合皮のも最初はいいけど、確実にポロポロと剥がれていって汚くなるので本革がいいなと思っていたので、思ったよりもリーズナブルに手に入ってよかった。

茶色とか赤いのもいいな。

3D立体パズルにハマりがち

f:id:naoto5959:20201123053258j:plain
ピアノ

3D立体パズルにちょっとハマってる。

直線が多いやつは割と簡単だった。

曲線が増えてくると結構大変。

曲線と細いパーツが増えると割れることも増えて、ボンドが大活躍であった。

家で過ごすことが増えたので、気分転換にパズルを作って遊ぶと心が休まってとても良いと思う。

インターネットの人格を捨てた

本当は、◯ろしたが表現としては近いが、物騒なタイトルとなりそうなので「捨てた」と表現することにする。

インターネットを始めた頃、インターネットをしている時に別の人格が現れることに気づいた。それが本来の自分だとずっと勘違いしていた。その人格とはそれこそ20年近くずっと一緒にいた。

去年カウンセリングに通っていた時期があり、それやその後の出来事が自分を取り戻すきっかけとなった。自分を偽っていた自分に気づいて、その自分を捨てて本来の自分を取り戻した。

昔は、インターネットの人格が自分の本当の姿だと思っていたけど、それも違っていて、自分を偽っていた自分が生み出した偽物の人格の一人でしかなかった。

また、自分自身だけではなく他人に対してもインターネットに表出している事象だけでその人を判断したり、分かった気になってはいけないという学びはあるが、ある程度の言動や行動から心理状態を測る事はできるとは思う。